桂内科(消化器)クリニック|浦和駅西口徒歩4分の内科・消化器内科

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-3-5 クリニックステーション浦和仲町3F
048-825-7770
WEB予約
  • 苦痛の少ない
    内視鏡検査
  • 土日祝日
    夕方診療

鎮静剤を使って、胃がん検診

基本的に予約制です。WEBまたはお電話でご予約ください

診療時間
10:00-13:00
13:00-14:00
15:00-19:00

休診日:毎週木曜と金曜、第3水曜日はお休みです。
発熱外来は6月9日、16日、23日の午後に行います。
発熱外来の予約は前日の12時からWEB予約が可能になります

●…受付時間 月・火・水 午前:12:45まで 午後:18:45まで
▲…土・日・祝日 9:00-12:00(受付11:45まで)14:00-17:00(受付16:45まで)
★…内視鏡のみ

桂内科(消化器)クリニック|浦和駅西口徒歩4分の内科・消化器内科

お知らせ

    • 2024.05.28
    • お知らせ

    正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

    マイナ保険証の利用により、健康診断のデータや処方せんの情報を、取得・活用することができ、質の高い医療の提供の一助となります。

    • 2024.05.25
    • お知らせ

    日本アレルギー学会主催の総合アレルギー講習会にオンライン参加しました。

    日本内科学会主催の日本内科学会講演会にオンライン参加しました。

    • 2024.05.25
    • お知らせ

    診療明細書の発行について

    当院では、医療の透明化や患者さまへの情報提供を積極的に推進していく観点から、領収書の発行の際に、個別の診療報酬の算定項目の分かる明細書を無料で発行しています。明細書の発行を希望されない方は会計窓口にてその旨をお申し出ください。 桂内科(消化器)クリニック

    • 2024.04.22
    • お知らせ

    ヒトパピローマウイルス・ワクチンを当院でも開始いたします

    子宮頚がんを予防するために有効です。是非、ご利用ください。ご連絡をいただいてから、ワクチンを取り寄せますので、1週間前にお電話いただければ幸いです。令和6年度は、キャッチアップ接種(1997年4月2日生まれから2008年4月1日生まれの女性)と、新高校1年生の女性は、公費の補助が利用できます(つまり無料)。公費で接種完了する場合、2024年9月末までに、1回目の接種が必要です。ワクチンは基本的に3回接種が必要です(0,2,6ヶ月目)。なお、公費の補助を使わない任意接種の場合は、5-10万円程度の個人負担が発生します。

    • 2024.04.20
    • 医療コラム

    アニサキスがいそうな魚は

    スケソウダラ100%、サクラマス100%、マダラ96%、カツオ90%、ヒラサバ81%、ニシン77%、ゴマサバ55%、マアジ51%、スルメイカ42%。また、いなさそうな魚は、マグロ0%、マコガレイ0%、ヤリイカ0%、コウイカ0%、モンゴウイカ0%、サンマ5%、だそうです。冷凍ー20℃、24時間で死滅するそうですので、近海で取れた冷凍していない魚が危ないようです。

    • 2024.04.09
    • お知らせ

    2024年度のさいたま市特定健診・がん検診は4月27日から開始となります。

    当院でも、胃がん検診、肺がん検診、もの忘れ検診については、4月27日から開始します。また、特定健診、大腸がん検診、肝炎ウイルス検診、前立腺がん検診、女性のヘルスチェックについては、5月18日から開始いたします。ご利用ください。さいたま市からハガキが届きます。健診・検診の際は必ずご持参ください。

    • 2024.04.09
    • お知らせ

    当院は基本的に予約制となっています。WEB予約またはお電話でご予約ください。

    直接ご来院いただいた場合、ご予約の方を優先させていただいています。予約状況によっては、1-2時間お待たせすることもございます。なるべくご予約をお取りいただきますようお願い申し上げます。なお、キャンセルの場合もご連絡いただければ幸いです。他の患者さまの診療が可能になりますのでご協力をお願いいたします。

    • 2024.04.03
    • 医療コラム

    小林製薬、「紅麹コレステヘルプ」による健康被害が問題になっています

    日本腎臓学会のホームページを拝見しました。腎臓学会で緊急アンケートを実施したところ、47例の症例の報告があったそうです。検査異常として、低カリウム血症、低リン血症、低尿酸血症、代謝性アシドーシス、尿糖陽性などがあったようです。ファンコニ症候群(近位尿細管障害)を疑う検査異常であるようです。当院でも尿検査、血液検査は可能です。それで異常があれば、腎臓専門医に紹介いたします。ご相談ください。

    • 2024.03.09
    • 医療コラム

    昨年10月から今年2月までの当院を経由した入院患者は合計21人でした。

    疾患の内訳は、胆石仙痛発作・胆のう炎・胆管炎が3人、胆管狭窄疑い1人、急性膵炎1人、急性肝炎1人、吐血1人(逆流性食道炎GradeD)、早期胃がん1人、大腸ポリープ・側方伸展型腫瘍3人、大腸憩室出血1人、急性虫垂炎1人、憩室炎・大腸炎・小腸炎5人、卵巣出血1人、ネフローゼ症候群1人、胸水1人でした。さいたま市立病院、さいたま医療センター、さいたま赤十字病院、埼玉メディカルセンター、自治医大さいたま医療センターの先生がたのお世話になりました。

    • 2024.02.28
    • 医療コラム

    インフルエンザBがまだ流行しています。

    浦和医師会集計の感染症サーベイヤンス調査(2月19日から25日の集計)では、インフルエンザA 40人、インフルエンザB 592人、新型コロナウイルス100人でした。ピークから少し減ってきましたが、まだインフルエンザBの患者さんは多い状況です。当院での発熱外来の検査結果(2月25日)では、15人診察して新型コロナ感染症4人、インフルエンザ2人でした。

    • 2023.12.13
    • 医療コラム

    新型コロナウイルスのウェブ講演会を拝聴しました。

    東京医科歯科大学統合感染症学分野教授 具芳明先生、埼玉医科大学国際医療センター感染症学科教授 関雅文先生のご講演を拝聴しました。

    オミクロン株になって感染力は増強している。潜伏期間は短くなっている。ワクチンや抗ウイルス薬の効果もあって重症化率は改善している。東京医科歯科大学では入院患者全員にスクリーニングでコロナウイルス検査はしていない。入院患者と職員に対して、5日以内にかぜ症状があった場合、かぜ症状の同居人がいた場合などに重点的に検査している。重症化して入院する患者は高齢者が多いが、死亡するケースは若いひとでもある。

    • 2023.12.05
    • お知らせ

    ノロウイルス抗原検査、始めました

    次の方は保険適用となります。ア 3歳未満の患者、イ 65 歳以上の患者、ウ 悪性腫瘍の診断が確定している患者、エ 臓器移植後の患者、オ 抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、又は免疫抑制効果のある薬剤を投与中の患者。その他の方は自費となります。飲食店に従事している方に検査をおすすめします。

    • 2023.10.31
    • 医療コラム

    1年間で行った胃カメラは288件でした。そのうち、早期胃がんが4件(1.4%)、胃腺腫が1件、

    食道上皮内腫瘍が1件、下咽頭上皮内腫瘍が1件でした。胃腺腫、食道上皮内腫瘍、下咽頭上皮内腫瘍は、前がん病変と言って、放置しておくとがんになる可能性のある病変で切除の対象です。アニサキス摘出が4件ありました。

    1年間で行った大腸カメラは、152件でした。ポリープの切除は76件でした。ポリープ切除率は50%でした。進行大腸がんは3件(2.0%)、大きいポリープ(側方進展型腫瘍)で総合病院へのご紹介が3件(2.0%)でした。

    • 2023.11.14
    • 医療コラム

    ピロリ菌の自費検査について。ピロリ菌は胃がんの最大の危険因子です。

    胃の中にピロリ菌がいるひとは、胃がんになりやすいことが、分かっています。保険でのピロリ菌の検査は、胃カメラをすることが条件になります。胃カメラをしてピロリ胃炎が疑われる場合は、ピロリ菌の検査が保険適応となります。どうしても胃カメラをしたくないときは、ピロリ菌の検査を自費で行ってみてはいかがでしょうか?8000円で行っています。なお、ピロリ菌を除菌すると、胃がんになる可能性が、半分くらいに減るというデータになっています。

    • 2023.11.06
    • 医療コラム

    11月5日の発熱外来は12名の患者さんが受診されました。

    新型コロナウイルス感染症は、7人検査して陽性は1人でした。インフルエンザウイルスは、11人検査して5人陽性でした。引き続き感染に注意しましょう。新型コロナウイルス感染症の患者さんには、重症化因子があるかたや、内服の強い希望があるかたに、ラゲブリオ、ゾコーバなどの抗新型コロナウイルス薬を処方しています。

    • 2023.09.19
    • 医療コラム

    インフルエンザワクチンの接種を9月25日から開始します。費用は4000円です。

    受験生のかた、大会や発表会があるかた、インフルエンザ感染を予防したい全てのかた、是非ご利用ください。すでに2019年の12月の感染者数と同様の状況になっています。ワクチンの数に余裕がある場合は、当日のご相談でも接種が可能です。ご相談ください。

    公費補助のかたの接種は10月1日開始です。インフルエンザの流行が今年はすでにはじまっています。インフルエンザワクチンの効果は接種後、2週間後から5か月ほど続くと考えられます。ご予約をお願いします。ご予約をいただいたほうが確実にワクチンを受けることができます。なお、公費補助の対象は、さいたま市に住民登録があり、65歳以上のかた、または60歳から65歳未満で、身体障害者1級相当の心臓、腎臓、呼吸器等に障害のあるかたです。個人負担金は1600円の予定です。個人負担金が免除される場合は以下の場合です。生活保護世帯のかた、中国残留邦人支援給付制度の受給者のかた、市民税非課税世帯(世帯員全員が非課税)のかたは、個人負担金は免除されます。それぞれ生活保護受給証などの証明書をご持参いただく必要があります。詳しくはお電話でご相談ください。

    • 2023.09.13
    • 医療コラム

    新型コロナウイルスとインフルエンザが急激に増加しています。浦和医師会サーベイランスの結果では

    9月4日から10日の定点調査の集計で、新型コロナウイルスが、463人と前の週の337人に比べて、37%増加しています。またインフルエンザウイルスが、241人と前の週の29人に比べて8.3倍に増加してます。インフルエンザワクチンの準備ができ次第、接種を開始する予定です。今しばらくお待ちください。自費のインフルエンザワクチン接種については9月下旬からワクチンの接種を準備しています。公費のインフルエンザワクチンについては10月1日からの予定です。

    • 2023.09.06
    • 医療コラム

    浦和医師会感染症サーベイランスによると、新型コロナウイルス感染症の感染者は、増加しています

    8月28日から9月3日は392人と前の週に比べて16%増加しています。8月20-26日は337人、8月13-19日は268人、8月6-12日は181人、7月30日から8月5日は194人でした。4週前に比べて2倍に増加しています。

    • 2023.09.05
    • 医療コラム

    年代別の重症化率、死亡率について。昨年7月から8月の、石川県、茨城県、広島県のデータです。

    各年代別の重症化率は以下の通りです:10代 感染者58,331人のうち重症化したのは4人(0.01%)、20代 61,437人で3人(0.00%)、30代 65,130人で9人(0.01%)、40代 68,434人で11人(0.02%)、50代 47,458人で17人(0.04%)、60代 30,098人で34人(0.11%)、70代 22,355人で104人(0.47%)、80代 13,032人で191人(1.47%)、90代 6,030人で164人(2.72%)。死亡率は以下の通りです。10代 感染者58,331人のうち死亡したのは0人(0.00%)、20代 61,437人で1人(0.00%)、30代 65,130人で4人(0.01%)、40代 68,434人で2人(0.00%)、50代 47,458人で11人(0.02%)、60代 30,098人で21人(0.07%)70代 22,355人で76人(0.34%)、80代 13,032人で165人(1.27%)、90代 6,030人で157人(2.60%)でした。

    • 2023.08.29
    • お知らせ

    Take a medical check!

    If you have registered your address in Saitama city and you have the annual medical check postcard issued by Saitama City, you can take a madical check in a very low cost. For example, gastric endoscopy for 1,000yen, feces test for colon cancer check for 400yen, Chest X ray test for  600yen. 

診療時間

 
10:00-13:00
13:00-14:00
15:00-19:00

休診日:毎週木曜と金曜、第3水曜日はお休みです。
発熱外来は6月9日、16日、23日の午後に行います。
発熱外来の予約は前日の12時からWEB予約が可能になります

●…受付時間 月・火・水 午前:12:45まで 午後:18:45まで
▲…土・日・祝日 9:00-12:00(受付11:45まで)14:00-17:00(受付16:45まで)
★…内視鏡のみ

ごあいさつ

院長  桂 英之

こんにちは。この度、浦和仲町に開業することとなりました医師の桂です。私は2005年から2020年までさいたま市立病院消化器内科・科長として勤務いたしました。市立病院では、早期胃がん、食道がん、大腸がんの内視鏡治療や、腹部救急の診療、内科救急、消化器がんの抗がん剤治療、緩和ケア医療、肝硬変、潰瘍性大腸炎、膵炎、胆管炎・胆のう炎などの診療を行って来ました。今後はさらに一般内科、高血圧、糖尿病、コレステロールの異常などの生活習慣病の診療も行ってまいります。現在医療の進歩のスピードは目を見張るものがあります。私は学会主催の教育講演会に積極的に出席して最新の医療知識を身に着けるよう努めます。またガイドラインなどの学会の診療提言を参考にして診療を行ってまいります。私たちの診療が患者さんとそのご家族の幸せに少しでもお役立ちできたらと考えています。

桂内科(消化器)クリニック 院長

桂 英之

当院の特徴

浦和駅西口
Point.01

通院しやすい立地と土日祝日の診療・検診

浦和駅北口徒歩3分の所に位置し、伊勢丹とイトーヨーカドーの間にありますクリニックステーション浦和仲町3階にございます。診療時間も土日祝日診療、夕方診療により通いやすいクリニックです。会社の健診でバリウムを受けずに、さいたま市の胃がん検診を胃カメラで日曜・祝日に受けることも可能です。

患者目線の簡潔で分かりやすい説明
Point.02

患者目線の簡潔で分かりやすい説明

学会のガイドラインや指針に基づいた医療を提供し、患者さん目線の分かりやすい説明を心がけています。付き添いができないご家族への説明も医師から直接説明することも可能ですのでお気軽にご相談ください。

経験豊富な内視鏡専門医による検査・診断
Point.03

経験豊富な内視鏡専門医による検査・診断

内視鏡検査は、医師の経験や技量が大きく影響します。当院では経験豊富な院長が担当します。また、胃・大腸カメラの同日検査も対応しております。2022年10月から2023年9月までの1年間で行った胃カメラは288件でした。そのうち、早期がんの発見は4件で胃がんの発見率は1.4%でした。他に、胃腺腫1件、食道上皮内腫瘍1件、下咽頭上皮内腫瘍1件でした。胃アニサキスの摘出が4件でした。大腸カメラは、152件で、進行がんは3件(2.0%)、側方伸展型腫瘍は3件(2.0%)、ポリープ切除を行った方は76件(50%)でした。

内視鏡
Point.04

苦痛の少ない内視鏡検査

細径スコープの採用や鎮静剤を使用した苦痛の少ない内視鏡検査を実施しております。また、画像強調拡大内視鏡による高度な内視鏡を受けられます。初めての方はもちろん、過去につらい思いをされて苦手な方も、お気軽にご相談ください。胃がん検診の胃カメラも鎮静剤を使用してすることも可能です。

検査
Point.05

早期発見を一緒に目指しましょう

胃カメラ・大腸カメラ・腹部エコー・胸部レントゲンAI診断などの検査機器を整備し、胃がん・食道がん・大腸がん・前立腺がん・肺がんの検診を実施しております。症状が出る前に発見し、早期治療を目指します。人間ドックや健康診断結果をお持ちいただければ、ご説明しますので、お気軽にご相談ください。

医療を通して、人々の幸せの向上に寄与する
Point.06

医療を通して、人々の幸せの向上に寄与する

当院の優先順位は以下の順番です。①患者さん ②患者さんの家族 ③職員 ④社会、一般診療や検診、救急(腹部救急・内科救急)まで幅広く対応し、地域の皆様が安心して生活できる暮らしの実現を目指します。

診療内容

一般内科

一般内科

Internal medicine

かぜ・発熱・腹痛・貧血
下痢・便秘など

生活習慣病

生活習慣病

Life-style related diseases

高血圧・糖尿病
脂質異常症・脂肪肝炎など

消化器内科

消化器内科

Gastroenterology

機能性胃腸症・過敏性大腸炎・慢性肝炎
肝硬変・胃瘍性大腸炎・慢性膵炎

胃カメラ

胃カメラ

Gastroscope

上部消化管内視鏡検査

大腸カメラ

大腸カメラ

Colonoscope

下部消化管内視鏡検査

腹部超音波検査

腹部超音波検査

Abdominal ultrasonography

腹部エコー

本日の診療時間

現時刻は診療時間外です

午前
10:00~12:45
午後
15:00~18:45