お知らせ|桂内科(消化器)クリニック|浦和駅北口徒歩3分の内科・消化器内科、土日に健診、胃がん検診内視鏡

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-3-5 クリニックステーション浦和仲町3F
048-825-7770
WEB予約
ヘッダー画像

お知らせ

お知らせ|桂内科(消化器)クリニック|浦和駅北口徒歩3分の内科・消化器内科、土日に健診、胃がん検診内視鏡

    • 2024.02.28
    • 医療コラム

    インフルエンザBがまだ流行しています。

    浦和医師会集計の感染症サーベイヤンス調査(2月19日から25日の集計)では、インフルエンザA 40人、インフルエンザB 592人、新型コロナウイルス100人でした。ピークから少し減ってきましたが、まだインフルエンザBの患者さんは多い状況です。当院での発熱外来の検査結果(2月25日)では、15人診察して新型コロナ感染症4人、インフルエンザ2人でした。

    • 2024.01.30
    • お知らせ

    胃がん検診(胃カメラ)のご予約が今年度分は終了となりました。

    来年度分が4月下旬ころから開始予定です。胃がん検診の胃カメラのご希望の方は、来年度分でのご対応となります。よろしくお願いいたします。

    • 2023.12.13
    • 医療コラム

    新型コロナウイルスのウェブ講演会を拝聴しました。

    東京医科歯科大学統合感染症学分野教授 具芳明先生、埼玉医科大学国際医療センター感染症学科教授 関雅文先生のご講演を拝聴しました。

    オミクロン株になって感染力は増強している。潜伏期間は短くなっている。ワクチンや抗ウイルス薬の効果もあって重症化率は改善している。東京医科歯科大学では入院患者全員にスクリーニングでコロナウイルス検査はしていない。入院患者と職員に対して、5日以内にかぜ症状があった場合、かぜ症状の同居人がいた場合などに重点的に検査している。重症化して入院する患者は高齢者が多いが、死亡するケースは若いひとでもある。

    • 2023.12.05
    • お知らせ

    ノロウイルス抗原検査、始めました

    次の方は保険適用となります。ア 3歳未満の患者、イ 65 歳以上の患者、ウ 悪性腫瘍の診断が確定している患者、エ 臓器移植後の患者、オ 抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、又は免疫抑制効果のある薬剤を投与中の患者。その他の方は自費となります。飲食店に従事している方に検査をおすすめします。

    • 2023.10.31
    • 医療コラム

    1年間で行った胃カメラは288件でした。そのうち、早期胃がんが4件(1.4%)、胃腺腫が1件、

    食道上皮内腫瘍が1件、下咽頭上皮内腫瘍が1件でした。胃腺腫、食道上皮内腫瘍、下咽頭上皮内腫瘍は、前がん病変と言って、放置しておくとがんになる可能性のある病変で切除の対象です。アニサキス摘出が4件ありました。

    1年間で行った大腸カメラは、152件でした。ポリープの切除は76件でした。ポリープ切除率は50%でした。進行大腸がんは3件(2.0%)、大きいポリープ(側方進展型腫瘍)で総合病院へのご紹介が3件(2.0%)でした。

    • 2023.11.14
    • 医療コラム

    ピロリ菌の自費検査について。ピロリ菌は胃がんの最大の危険因子です。

    胃の中にピロリ菌がいるひとは、胃がんになりやすいことが、分かっています。保険でのピロリ菌の検査は、胃カメラをすることが条件になります。胃カメラをしてピロリ胃炎が疑われる場合は、ピロリ菌の検査が保険適応となります。どうしても胃カメラをしたくないときは、ピロリ菌の検査を自費で行ってみてはいかがでしょうか?8000円で行っています。なお、ピロリ菌を除菌すると、胃がんになる可能性が、半分くらいに減るというデータになっています。

    • 2023.11.06
    • 医療コラム

    11月5日の発熱外来は12名の患者さんが受診されました。

    新型コロナウイルス感染症は、7人検査して陽性は1人でした。インフルエンザウイルスは、11人検査して5人陽性でした。引き続き感染に注意しましょう。新型コロナウイルス感染症の患者さんには、重症化因子があるかたや、内服の強い希望があるかたに、ラゲブリオ、ゾコーバなどの抗新型コロナウイルス薬を処方しています。

    • 2023.09.19
    • 医療コラム

    インフルエンザワクチンの接種を9月25日から開始します。費用は4000円です。

    受験生のかた、大会や発表会があるかた、インフルエンザ感染を予防したい全てのかた、是非ご利用ください。すでに2019年の12月の感染者数と同様の状況になっています。ワクチンの数に余裕がある場合は、当日のご相談でも接種が可能です。ご相談ください。

    公費補助のかたの接種は10月1日開始です。インフルエンザの流行が今年はすでにはじまっています。インフルエンザワクチンの効果は接種後、2週間後から5か月ほど続くと考えられます。ご予約をお願いします。ご予約をいただいたほうが確実にワクチンを受けることができます。なお、公費補助の対象は、さいたま市に住民登録があり、65歳以上のかた、または60歳から65歳未満で、身体障害者1級相当の心臓、腎臓、呼吸器等に障害のあるかたです。個人負担金は1600円の予定です。個人負担金が免除される場合は以下の場合です。生活保護世帯のかた、中国残留邦人支援給付制度の受給者のかた、市民税非課税世帯(世帯員全員が非課税)のかたは、個人負担金は免除されます。それぞれ生活保護受給証などの証明書をご持参いただく必要があります。詳しくはお電話でご相談ください。

    • 2023.09.13
    • 医療コラム

    新型コロナウイルスとインフルエンザが急激に増加しています。浦和医師会サーベイランスの結果では

    9月4日から10日の定点調査の集計で、新型コロナウイルスが、463人と前の週の337人に比べて、37%増加しています。またインフルエンザウイルスが、241人と前の週の29人に比べて8.3倍に増加してます。インフルエンザワクチンの準備ができ次第、接種を開始する予定です。今しばらくお待ちください。自費のインフルエンザワクチン接種については9月下旬からワクチンの接種を準備しています。公費のインフルエンザワクチンについては10月1日からの予定です。

    • 2023.09.06
    • 医療コラム

    浦和医師会感染症サーベイランスによると、新型コロナウイルス感染症の感染者は、増加しています

    8月28日から9月3日は392人と前の週に比べて16%増加しています。8月20-26日は337人、8月13-19日は268人、8月6-12日は181人、7月30日から8月5日は194人でした。4週前に比べて2倍に増加しています。

    • 2023.09.05
    • 医療コラム

    年代別の重症化率、死亡率について。昨年7月から8月の、石川県、茨城県、広島県のデータです。

    各年代別の重症化率は以下の通りです:10代 感染者58,331人のうち重症化したのは4人(0.01%)、20代 61,437人で3人(0.00%)、30代 65,130人で9人(0.01%)、40代 68,434人で11人(0.02%)、50代 47,458人で17人(0.04%)、60代 30,098人で34人(0.11%)、70代 22,355人で104人(0.47%)、80代 13,032人で191人(1.47%)、90代 6,030人で164人(2.72%)。死亡率は以下の通りです。10代 感染者58,331人のうち死亡したのは0人(0.00%)、20代 61,437人で1人(0.00%)、30代 65,130人で4人(0.01%)、40代 68,434人で2人(0.00%)、50代 47,458人で11人(0.02%)、60代 30,098人で21人(0.07%)70代 22,355人で76人(0.34%)、80代 13,032人で165人(1.27%)、90代 6,030人で157人(2.60%)でした。

    • 2023.08.29
    • お知らせ

    Take a medical check!

    If you have registered your address in Saitama city and you have the annual medical check postcard issued by Saitama City, you can take a madical check in a very low cost. For example, gastric endoscopy for 1,000yen, feces test for colon cancer check for 400yen, Chest X ray test for  600yen. 

    • 2023.08.27
    • 医療コラム

    8月27日の発熱外来は、11人受診されました。8人に新型コロナウイルス抗原検査を行い、

    そのうち7人が陽性でした。陽性率は88%でした。残りの1人はインフルエンザAが陽性でした。浦和医師会が発表している感染症サーベイランス調査では、8月14日から20日の1週間で268人の新型コロナウイルス感染が報告されています。その前の週の181人と比べると、48%増加しています。

    • 2023.08.27
    • 医療コラム

    厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの追加接種を9月20日から始める方針を決定したようです。

    オミクロン株の新系統XBB.1.5に対応した新しいワクチンです。全世代対象ですが、健康なひとへの接種勧奨や努力義務はないようです。年末年始の感染拡大を防ぐ目的です。費用は無料のようです。

    • 2023.08.07
    • 医療コラム

    8月6日午後の発熱外来では、11人を診察しました。新型コロナウイルス抗原検査を行ったのは9人、

    そのうち陽性だったのが8人でした。陽性率は89%と高率でした。高血圧や糖尿病、高脂血症、肺疾患、高齢などの重症化因子があって、ラゲブリオの処方を行ったのはそのうち1人でした。

    • 2023.08.06
    • 医療コラム

    高脂血症、高LDLコレステロール血症、高中性脂肪血症、くすり開始の目安

    LDLコレステロールは、60から119が正常値、120から139が軽度異常、140から179が要経過観察+生活習慣の改善、180以上が内服開始となります。中性脂肪は、30から149が異常なし、150から199が軽度異常、200から399が要経過観察+生活習慣の改善、400以上が内服開始となります。ただし、高血圧、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、心筋梗塞、末梢動脈閉塞の既往のある方は、より早く内服治療を開始する必要があります。

    • 2023.08.02
    • 医療コラム

    浦和医師会感染症サーベイランスのデータでは、新型コロナ感染症が急激に増加しています。

    7月24日から7月30日が196人、7月16日から22日が149人、7月9日から15日が108人でした。3週間で1.8倍に増加しています。

    • 2023.06.17
    • お知らせ

    当院では土曜・日曜・祝日に胃がん検診が可能です

    さいたま市から送られてきたハガキをご持参ください。会社の健診でバリウム検査が苦手なかたはいらっしゃいませんか?さいたま市からがん検診のハガキが送られてきていると思います。ハガキがあれば、1000円で胃カメラが可能です。チェックしてみてください。当院では、鎮静剤の使用も行っています。その他のがん検診(大腸がん検診、肺がん検診、前立腺がん検診、肝炎検診)、特定健診、女性のヘルスチェックも土日祝日に可能です。ご相談ください。

    • 2023.07.18
    • お知らせ

    当院で帯状疱疹ワクチンを受けた患者さんは、8人です

    製品名はシングリックスです。2か月あけて2回接種します。1回2万2千円、2回で4万4千円です。予防効果は、50歳以上で97%、70歳以上で90%です。

    • 2023.06.21
    • お知らせ

    2022年9月の開院から9か月が経ちました。みなさまから温かい励ましをいただきありがとうございます

    当院を経由した入院は緊急入院と待機的入院を合わせて合計26人いました。その疾患は、早期胃がん、大腸がん2人、大腸側方進展型腫瘍3人、急性虫垂炎3人、大腸穿孔緊急手術、カンピロバクター腸炎、感染性胃腸炎、小腸アニサキス、潰瘍性大腸炎、胆石疝痛発作、胆のう炎2人、急性膵炎、慢性膵炎急性増悪、大腸悪性リンパ腫、気胸、肺化膿症、脳腫瘍、乳がん、原発性副甲状腺機能亢進症、ウイルス性筋炎でした。さいたま市立病院、さいたま赤十字病院、埼玉メディカルセンター、さいたま市民医療センター、慶應義塾大学病院、伊藤病院の先生がた、ありがとうございました。